ホーム

写真

獅子舞

鈴木屋敷

犬のお風呂の入れ方と洗い方について


犬のお風呂の入れ方はすぐにシャワーなどで濡らさずに、まずブラッシングをして抜け毛やもつれげを取りましょう。
そしてシャワーで全体を濡らします。
このときお湯の温度は34度くらいが適温ですが、夏場などは30度くらいが良いでしょう。
シャンプーを使って背中の高い部分から洗っていきます。
シャンプーは手で泡立てるのが一般的です。

ごしごしと根元まできちんと洗ってあげるようにしましょう。
洗い方は上から下に、肩から前胸、前足から足先、胸腹を横から下までしっかりと洗っていき、腰から尾、大腿部、内腿、後ろ足、足の裏まで洗い、頭、顔を最後に洗います。
目の周囲やしわの間、鼻先などはガーゼなどにシャンプーをつけて洗うと良いです。
シャンプーをシャワーでしっかりと洗い落とし、犬の体が湿っている間に保湿剤を全身に塗ってタオルで水分をふき取り乾燥させましょう。

人と同じです。生き物ですから。
保湿剤を付けてあげてから乾燥させると毛並みもつやつやになります。
乾かしたらブラッシングを念入りにしてあげましょう。
すりすりしたくなること間違いなしです。

 

楽しみ 喜び 悲しみ 怒り 映画  ネクタイ
ディズニーランド  お風呂 散歩 お散歩グッズ

Copyright (C)藤白神社に行ってきた。 All Rights Reserved.